2015年8月30日日曜日

腹ごしらえ

試合前だろう、緊張しながら栄養を摂る。 (烏ヶ辻)

2015年8月29日土曜日

自転車の下

自転車が倒れたらどうなのだろうと気になった。
自転車が盗まれても気づくようにとこうしているのだろうか(新世界)

2015年8月28日金曜日

荒木町の夕べ

東京に出張する。


荒木町に 行くとたまたま盆踊り。
祭りがたまたまやっていると「自分はとてもツイてる」と思うのである。







おばちゃんは光り物をつけて踊る。
トランスパーティで光るアクセサリーをつけて踊る若者と基本は変わらない。


飲み屋に行くと流しがやってきた。
ギターのおっさんはまるで勝新太郎



曲のキーをiPhoneで探すのが現代風

2015年8月27日木曜日

なわばり意識

まるで自分のなわばりかのように
立ち入り禁止区域に入ってタバコを吸うおっさん(新世界)

2015年8月24日月曜日

神がかりの大野



大野、坂谷。
相変わらずこのあたりの風景は神がかっている。
きっと神様いるのだろうな。
大野は曇っているほど神がかる。

2015年8月22日土曜日

左にならってる生徒

体育の時間がちらりと見えた。  (上本町)

釜ヶ崎の一日

ROADSIDERS' weeklyの新連載の写真撮影ために
釜ヶ崎のあいりんセンターへ行く。
労働者になりすまし、早朝から丸1日滞在する。

















はじめは特有のにおいや、たくさんのおっさんやらに気圧されていたが、
だんだんと慣れてきて、
何よりおっさんたちはぼくにまったく興味がないことがわかり、
夜にはもうダンボール1枚敷いてこのあたりで寝れそうな気分になっていた。

『地図にない街 釜ヶ崎』という新連載。
写真がぼくで、文章が釜ヶ崎の生き字引である水野阿修羅さん。
これから1年ぐらいかけてやります。
本当はここで紹介したいのだけれども。
みなさまよかったら購読してくださいね。
次のテーマは釜ヶ崎の「食」。
どうなることやら。




2015年8月18日火曜日

寝てる人がアート

これはもう誰かの作品かのように完璧にインスターレション (天王寺)

2015年8月14日金曜日

釜ヶ崎夏祭り 2015

今年も釜ヶ崎夏祭りに来てしまった。
もう5年連続である。


ステージ上は相変わらずさまざまなものにあふれている。


しかし見物はステージ上よりステージ下

フェイスペイントなのか落書きなのかわからないおっさんがおどり




なぜかタオルをくわえている



うどんを食べながら見る。

たこ焼きを食べる場所は自転車の荷台の上である。

ファッションも注目である。
ワンポイントのヒョウ柄、ところどころに使われたピンク色
とてもオリジナリティにあふれている。

こちらは赤で潔くコーディネイト




こちらは読売ジャイアンツでコーディネイト。
背番号7番 長野選手のユニフォームを着ている。

横には週刊ジャイアンツが置かれている。
なんて徹底した巨人ファンぶりなんだろう。
アンチ巨人が多い大阪で、しかも、ここ釜ヶ崎で大丈夫なのだろうか。
身の危険までをも案じてしまう。




 音楽を聴かずに寝ているおっさん。





スーツケースが体にのったまま1時間以上寝ていた。





夜が更けるにつれ、酔いが回って倒れる人が増えてくる。



期待を裏切らない釜ヶ崎夏祭り、来年もいくことだろう。 (萩之茶屋)

ハトおやじ

ハトにもてもてのおっさん (恵美須西)

2015年8月12日水曜日

四天王寺盆踊り その2

今日も来てしまった四天王寺。



相変わらずすごい光景だ。


筋骨逞しいおじいちゃんが踊っている。
ぼくもきのうは子どもがいたので無理だったのだが、
今日はひとりで来たので、踊りの輪に入った。
踊りたくて仕方なかったのである。

河内音頭にはちょっとした踊りの型がある。
見よう見まねでちょっとはできるようになったか。
「パラパラパッパッパー!
 くさかけいたは河内音頭の簡単なステップをおぼえた」
まあ、ドラクエでいえばレベル2ぐらいだ。


2日連続おつかれさまの河内屋菊水丸。
いまや、夏はTUBEよりも河内屋菊水丸がいちばん忙しいのではないのだろうか。


おもしろいのが河内音頭の客層である。
河内音頭を愛する年配の人々、
ただお祭りが好きで来た人、観光客にまざって、
パーティ好きの若者が集まっているのである。
そんな若者がおじいさんに河内音頭の手ほどきを受けている。
この交流がたまらなく素敵で、
伝統はこういう風にしても伝わっていくのだな。 (四天王寺)