2017年1月9日月曜日

ちょっとした高津の富

お参りしようと並んでいると、拝殿のど真ん中でブルースの演奏。
ヤスムロコウイチさんという、これがまたカッコいい。


初詣客はまだ多く、自然とシンガーを拝むことになる。
それにしても、こんなところで演奏OKとは神社も気前がいい。


高津宮のとんど祭りは屋台の質の高さが有名で、
大阪の飲食店の名店がこの日に限って屋台を出す。
あまりグルメではないぼくでも知っている、
ながほり 、レオーネ、ビーフン東など、名店がずらりと並んでいた。
境内で所狭しと酒を飲み、飯を食う。

 場所がないので池で食う。池は水が引いているにはいたが。


高津宮といえば富くじ。
「高津の富」という落語でも有名な話がある。

淀屋橋のみなみ大川町にあった宿屋に「鳥取の大金持ちだ」と大ホラ吹きまいて宿賃を踏み倒そうとする男がやってくる。大金持ちと言った手前、宿のおやじにすすめられた富くじを断り切れず、なけなしの一分でくじを買ったところ、その富くじが本当に千両当ったってしまうという話。 

「東海道中膝栗毛」でも高津の富くじは描かれている。主人公の弥次さんと喜多さんが富くじを買って、後日、発表の日に境内のあたりくじの掲示板を見に行くと、なんと当たっていた。賞金をもらおうとしたが窓口が閉まっていたので、また明日取りにくればいい、今夜は宴だと、飲めや食えや女郎屋に行くやで散財するも、翌日見ると当たりが「卯ー67番」だったが自身のくじをよく見ると「丑ー67番」だった、というお話。

逸話あふれる高津の富くじなので、買わないわけにはいかないのである。
1枚300円のくじを2枚、験担ぎに、ぼくより運がよさそうな子どもに買わせる。
あたりくじの発表があるということで拝殿の前に行くと、数百人は集まっており、
かつての高津宮もこんなに賑わったのだろうかと往時を思い浮かべる。

当たりくじを司会の落語家とアイドルが時折茶々を入れながら次々と読み上げていく。
賞金は、お食事券5万円分、米20キロなど
かつてのように金何両というわけにはいかないが、当たればうれしいものである。
とはいえ、あたることなく、一番最後の発表が来た。
最後の賞品は、旅行券10万円分と一番豪華である。
司会者がためにためて当たり番号を読み上げていく。

「卯の3・・・・0・・・・9・・・・・」

そう、ぼくの手元にあるくじは「卯 3098」
あたれ、あたれ、と手に汗握ってアナウンスを待つ。

「・・・・・・・・・・・・・・7!卯の3097でーす!」

結局 1番違いというオチ。
ちょっとした「高津の富」を味わえたということで、
まあ600円以上の元はとったか。


ハズレくじはその辺にいたお兄さんに貼っておいた。


拝殿から降りてくると、元憂歌団の木村充揮さんの生演奏。
ダミ声が神社に響く。ああ、なんと大阪らしく、庶民的贅沢にあふれた祭り。
高津宮のとんど祭り、音楽と酒ととびきりの屋台の飯があり、
のんべえにはたまらない祭りであろう。
お兄さんはシールの剥がし時がわからないままずっと祭りの渦中にいた。

(高津宮)







すごいうしろのおっさん

高津宮のとんど祭りへ行く。
境内に入った途端に、すごい後ろの人を目撃。
わが子をほったらかして追跡する。

小さな猫のぬいぐるみ状のものがびっしりとリュックにくくりつけられている。
猫だけで結構な重さにちがいない。 
左肩には今宮戎の福笹もある。
今宮戎もこの日からスタートなので今宮戎に行った後、こちらに来たにちがいない。
祭りがただ好きなのか、 人が集まるところに来て、
このリュックを見せびらかしたいのだろうか。
人形を持って歩く「異形のおっさん」もよく人が多く集まる場所に来ていた。
変なおっさんは、人にたくさん見て欲しいから変な格好をしている。
そう結論づけていいのかもしれない。(高津宮)

2017年1月8日日曜日

老人と恐竜

座れば誰もが絵になる福井駅のベンチ。
それにしても、恐竜より老人の方が昔の生物に見えるのはなぜだろう。 (福井駅)

2017年1月5日木曜日

ビーズを選ぶおばさん

服と髪の毛と同じく茶系統がお好きなようである。 (阿倍野筋)

2017年1月3日火曜日

源氏物語の千年後

紫式部は石山寺から琵琶湖の風景を見ながら源氏物語の着想を得たという。
その約1000年後、まさに琵琶湖が見える石山寺のベンチ、
551の豚まんを取り出して

食べるおばはんがいた。
周囲はなんともいえない豚まんの匂いがした。  (石山寺 滋賀)

家族の会話

正月、家族で少し遠出をする。
レストランの隣に座った一家も旅行にきているのだろう。
しかし、みんなスマホの画面を見て家族の会話はまったくない。
我が家もいつかこうなるのだろうか。  (彦根)

2017年1月2日月曜日

寒さに強い見栄


三宮のど真ん中で北風吹く中、オープンカー。


運転席の男は耳あてをして防寒対策バッチリである。
助手席の男は若い。部下か何かだろうか無理やり連れてこられて寒そうだった。
(JR三宮駅)

2017年1月1日日曜日

新年のつまづき

おみくじで凶を引いてマジで凹んでいる青年。

この青年は悪くなさそうである。 (四天王寺)

新年の儀式

なんとなく年が明けた。近くの四天王寺へ初詣。
なにやらあやしいおっさんがいる。


なにやら声を出している。 


初詣客で人は多かったがおっさんの周りは誰もいない。みんな避けている。


四股を踏み始めた。


虎穴に入らずんば写真を得ず。
おっさんに近づいてみる。
柱に張り手をしている。

 今度は逆の手で張り手。

行司から何かをもらっている
 取り組みは終わったようだ。


video
動画も撮影したのでよければ見て欲しい。

新年早々、素晴らしい隙を撮ることができた。
今年もいい隙に出会えますように。



隙ある風景、今年もよろしくお願いいたします。